よくある質問

十二単・束帯に関してよくある質問をまとめてあります。十二単・束帯とまとめてあります。こちらに記載がないご質問は、お気兼ねなくご連絡ください。

衣装に関して

  • 本物の十二単ですか?

    よくあるご質問なのですが、「十二単」と表記されていても、そもそも全く十二単ではなかったり「十二単風」ものが多くあります。 ご衣装の一部が縫われていて比翼仕立ての(くっついている)ものや、なんとかく平安っぽいっていうだけの装束だったり、多くみられますが、私どもでご用意している十二単は1枚1枚お着せしていく、しっかりとした十二単です。
  • 何枚着るのでしょうか?

    小袖(一番下の白いお着物)+袴をつけた状態から、単・五衣(5枚)・打衣・表衣・唐衣・裳までを含めて10枚でございます。
    「十二単」という言葉も正式名称ではなく、正しくは着ている衣の名称にもある「五衣・唐衣・裳」が正式名称でございます。
  • 袴の色に関して

    私どもでは十二単の時に濃色(こきいろ)という紫の袴をご用意しております。未婚の方の正式色目と言われている色です。後ろにひきずるような長袴(ながばかま)をご用意しておりますが、移動しやすさを重視なさる方の為に、短めの切袴(きりばかま)のご用意もございます。差額なくお選びいただけます。
  • 誰でも着られますか?

    どなたでも大丈夫です。
  • 重いのが心配です、大丈夫でしょうか?

    試着をお済ませいただいてからご成約いただいております。もし重すぎる、というような感じがあるのでしたら、お客様さえよければ、数枚省略していただいても構いません。
  • 衣冠束帯ですか?

    衣冠束帯という言葉をたまに耳にしますが、「衣冠」と「束帯」は全く異なる装束です。よく十二単と、衣冠や狩衣、小直衣などを組み合わせていらっしゃる方もいらっしゃいますが、格という感覚でいいますと、「十二単」と「束帯」という組み合わせが一番良いかと思います。
  • 衣装だけのレンタルも可能ですか?

    申し訳ございませんが、衣装と着付けは必須とさせていただいております。間違った着付けをしてしまわれる方が多いので、そのようにさせていただいております。ヘアメイクを他の方がしていただいて私どもが着付けのみ、ということは大丈夫です。

結婚式でのご利用に関して

  • どんな会場でも大丈夫ですか?

    まれに神社様によっては十二単での挙式はお断りしています。というところがございますが、会場様がOKでしたら、全国のホテル、神社、レストラン等へ出張致します。束帯の太刀に関しては、神社や神殿により着用不可な場合がございますので、あらかじめご了承ください。必要に応じて事前に下見に伺いますのでご安心ください。
  • 挙式予定の会場にもきてくれますか?

    ホテルやレストラン等へのお持ち込みもOKです。ホテルとかではシングルルーム程度のスペースがあれば、お支度可能です。会場により持ち込み料等がかかる場所がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 支度時間はどれくらいかかりますか?

    お2人のお支度(ヘア・メイク・着付まで含め)2時間あれば大丈夫です。
    通常の花嫁支度と基本的には変わらないと思います。着付け自体は十二単2〜30分、束帯も2〜30分前後程度です。
  • 神社で挙式後、移動してホテルで披露宴なのですが、移動は大変ですか?

    ご移動時の、お車での移動や、神社の中でのアテンド等、しっかりとさせていただきますので、大丈夫です。
  • 結婚式場の写真室が、十二単が初めてだというのですが大丈夫ですか?

    写真撮影時にも立会い、お2人の形付けは私どもでさせていただきますので大丈夫です。

ヘアメイクに関して

  • お化粧は真っ白になっちゃうんでしょうか?

    ほんのり白く、などはしますが、古典的な真っ白にはいたしません、普通の花嫁様と同じくらいと思っていただければ大丈夫です。事前のヘアメイクリハーサルでお好み伺いながらさせていただきます。
  • かつらもかぶれますか?

    大垂髪・垂髪ともにご用意ございますので、大丈夫です。
    かぶらなければならない、ということはないので、こちらもお好みを伺いながらさせていただきます。